交通アクセス お問い合わせ サイトマップ ENGLISH 


Hiroshima University Partnership Project for Peacebuilding and Capacity Development平和構築        广岛大学和平构筑联合融合事业平和構築      히로시마(廣島)대학 평화구축 연계 융합 사업平和構築         Hiroshima Universite Association pour Peacebuilding et Developpement de la Capacite 平和構築      Hiroshima Universitat Partnerschaft fur Peacebuilding und Capacity Development 平和構築      Hiroshima Universita Associazione per Peacebuilding e Sviluppo di Capacita 平和構築      Hiroshima la Sociedad Universitaria para Peacebuilding y Desarrollo de Capacidad 平和構築      Hiroshima Sociedade Universitaria para Peacebuilding e Desenvolvimento de Capacidade 平和構築      
事業概要 調査研究 イベント 成果 ニュース スタッフ ブログ

       
 
   
◆HiPeC(広島大学平和構築連携融合事業)は、大学研究者と国際機関の実務家とが互いの経験を持ち寄り、紛争(後)地域の和平再建に“切れ目のない支援”を行う方法について共に考えることを目的として2006年度より活動を開始(第T期〜第U期)しています。
  ◆本年8月、平和都市・広島を舞台として、アチェ・ミンダナオ・ネパールの三地域から紛争当事者及び市民社会代表者を招いた「和平プロセス交流ワークショップ」を開催しました。本ワークショップでは、武装闘争から対話へ移行するための「鍵」について二日間の討議を行い、以下の結論を導き出しました。
>>続き

ニューリリース:"Report of Hiroshima International Peacebuilding Conference"
HiPeC総括会議「現地における平和構築の能力開発に向けた切れ目のない支援」〔3/2〕
第36回HiPeC学内研究会 「カンボジアにおける草の根の平和活動〜ポルポト時代を生きてきた人たちからの発信」を開催します。〔3/13〕
第35回HiPeC学内研究会「和平、治安、そして共生:フィリピン、ミンダナオとネパール、タライのケースを考える」を開催します〔2/22〕 
第34回HiPeC学内研究会「包摂と排除の構造から見る現代チベット」を開催します〔2/12〕
HiPeCディスカッションペーパー Vol. 17 刊行いたしました〔1/28〕 
第34回HiPeC研究会「実務家と研究者が取り組むミンダナオ平和構築」〔1/23〕


   
ポスト冷戦型の紛争を和平に導き、紛争の再発しない社会を構築するために、われわれは何をなすべきか──この問題は、今日の世界と日本にとって、避けて通れないものです。広島大学平和構築連携融合事業(HiPeC-II)はこの問題に対して、「現地主導の平和構築」という角度からアプローチし、その道筋を見いだそうとするものです。
 
紛争で傷ついた社会の再建・戦闘員の社会復帰・和平プロセスの安定化・争いあった人々の和解・治安部門の改革・国家制度の再構築など、平和構築にはさまざまな顔があり、それぞれが、政治学・行政学・心理学・歴史学・法律学・地域研究など個別の専門分野と重なり合っています。しかしながら平和構築は、再び紛争に舞い戻らないという強い目的性を持っており、その意味では、単なる個別の専門性の寄せ集めではない、ひとつの総合科学であるといえるでしょう。
 
本連携融合事業は、ヒロシマという地のもつ歴史的な意義を自覚し、平和への強い目的意識を掲げつつ、総合科学としての平和構築学の確立を目指すとともに、ヒロシマが理念としての平和のみならず、より実践的な平和の拠点となるように活動する事業です。

より詳しく/ より簡単に


   ネパール・オフィス(NP office)    フィリピン・オフィス(PH Office)  


Note1:This homepage is a site for introduction of the activities of "HiPeC-II =Hiroshima University Partnership Project for Peacebuilding and Capacity Development".
Note2:It is possible to jump from here to archieve site about old HiPeC(HiPeC-I). Please pay atteention itself to note an old content in fiscal year 2005-2007.

 


広島大学平和構築連携融合事業本部
〒739-8529 東広島市鏡山1-5-1 広島大学大学院 国際協力研究科
TEL&FAX: 082-424-6936 
hipec@hiroshima-u.ac.jp
(c) Copyright 2010-2012 Hiroshima University Partnership Project for Peacebuilding and Capacity Development
     (ハイペックU / HiPeC-II)